Achievement

実績紹介

1
S・T君
明治大学 商学部
出身校

神奈川県立岸根高校

成果

高校2年の秋の時点で、偏差値45程度で成績は低迷していた。秀慶塾に入塾し、「勉強の仕方」を徹底的に変え、高校3年春の時点で偏差値を20伸ばし65まで上昇させることに成功。当初は全く見えなかった早稲田大学に現役合格を果たした。

志望校を決めたのは、いつごろですか?

高3の6月です。それまでは部活が忙しくて受験勉強は全く出来ていない状態でした。 高3の春の時点では英国社全教科成績が悪くて偏差値も30~40代で模試の成績もFでした。 ただ、MARCH以上の大学に行かないと今後絶対後悔すると思っていましたので、そこからは、かなり気合を入れて受験勉強に取り組みました。2ヶ月後の模試では英語と日本史の偏差値65を突破して、「これはいける」という実感が得られました。

勉強計画はどうしていましたか?

入試まで逆算して今の現状で勉強しなければいけないことを洗い出して、毎日必死に取り組みました。勉強法は先生と一緒に考えて、出された課題をとにかく一生懸こなしました。受験勉強を始めたのが遅かったので、とにかく時間がないと思ってがむしゃらに頑張りました。

勉強方法で工夫したことは?

ひたすら効率良く、無駄なことはしないように心がけていました。得点を伸ばしやすい英語と日本史にまず注力して勉強しました。英単語と熟語を一気に終わらせた後は英語の長文をたくさん読み、読むスピードも意識するようにしていきました。

不安になったときはどうしていましたか?

親には明治なんて絶対無理って思われていたみたいで、受験は反対されていました。実際、僕の高校からは明治に合格する人は300人以上で2,3人しかいませんでしたので、明治に合格するなんて想像もしていなかったらしいです。それでも、塾の先生には「絶対受かるから大丈夫」と言ってもらえて、自分でも実力がついている感触があったので、迷いはありませんでした。悩みがちな人はとにかく一人で抱え込まないようにした方がいいと思います。

受験生にアドバイスお願いします。

とにかく目標を高く持つことが大切だと思います。自分の人生をどう変えていくかは、結局は自分次第なので、強い気持ちで挑戦しようと考えると結果にもつながるのではないでしょうか。